連載中 New

アイコン
アダムとイヴと黒林檎
アダムとイヴと黒林檎
# その他
ピータソ
閲覧数 716 いいね数 1 コメント数 0
私はガスト・デニーズ、中世料理史を研究している。 アダムとイヴの黒林檎 この名前を聞いたことはあるだろうか? 人類社会が始まり、約千年と少しほど経った頃、世界の全てを支配した統一国家ココスナサンが建国された。 その中央には黄金砦砦と後世に語り継がれるほどに街と呼ばれるに値する巨大で豪華な宮殿が作られた。 その宮殿で建国記念日に開かれるパーティにおいて、特権階級の中でも一握りの選ばれた者のみに提供されたという料理がこれだ。 そのレシピは口伝のみによって継承されてきたという話だったが、口伝されていたのは複数あるレシピの隠し場所であったという。 私はそのレシピを求めて、あまたの本を読み、地を駆け、海を渡り、空を仰いだ。この探求は私の人生の最大の功績でもあり、汚点にもなった。 私の命が尽きる前に、この謎深い、料理の真実をここに記すとしよう。 そうだな、まずは材料から-
アイコン
変わった依頼者と変わった殺人事件
変わった依頼者と変わった殺人事件
# ミステリー
空魔裕解
閲覧数 682 いいね数 2 コメント数 0
募集停止中
ぼくは探偵である。 主に浮気調査が普通であるが。 今日はちょっと変わった依頼者が来た。 その服装が意外だった。 その姿はー
アイコン
テスト2回目
テスト2回目
# その他
どうたってアカウント消すの?
閲覧数 660 いいね数 0 コメント数 0
これはテスト二回目
アイコン
僕は異世界に行きたかった
僕は異世界に行きたかった
# 異世界
teruteru
閲覧数 942 いいね数 3 コメント数 0
募集停止中
玄関を開けたらそこは異世界だったーーーー 僕の名前は大田原宗近、25歳のブラック企業に勤める平凡な会社員だ。 日々の仕事の疲れから心を病んでしまった僕は、人生一発逆転を夢見て宝くじを購入し、まさかの一等大当たり!?一瞬にして5億円もの大金を手にする事に!?これだけあれば、会社を辞めて遊んで暮らせるとガッツポーズをした所で視界が暗転。 「まぁ、夢だよな...」 夢のような夢から覚めた僕は、いつもの通り身支度を整え、出来れば行きたくないが、上司に説教を食らうのもめんどいので渋々自宅の玄関を開けると...
アイコン
ゴリラのたまご
ゴリラのたまご
# その他
わきこ
閲覧数 3.2万 いいね数 30 コメント数 0
「マーヤ、ついてきちゃダメだ。お母さんのところにいなさい。」 「えー、けちー。」 そう言って、私は戻るふりをして、隠れてお父さんの後をつけた。
アイコン
脱!脱出ゲーム
脱!脱出ゲーム
# ミステリー
チョパ太郎
閲覧数 1.1万 いいね数 3 コメント数 0
「はっ⁉︎」 気がつくとベッドの上にいた。 最近は毎晩のように悪夢にうなされている。 とはいってもどんな夢を見たのか覚えていない。思い出そうとしてみてもダメだし、妙に嫌な気分になるので考えないようにしている。起きた時の汗の量が多すぎて扇風機の風に当たっただけで寒気がした。 でもその原因が何であるのかは分かっている。ストレスだろう。 社会人になってからずっと営業マンとして頑張ってきていたが1年前に転職をして、やっと解放されたと思っていたが結局また営業マンになってしまった。 「君は前の会社で営業をやっていたのか!その経験を是非ともウチの会社で活かしてほしい!」 配属先の上司からそんな事を言われてしまうと断ることが出来なかった。せっかく転職したのだから自分の意見を言うべきだったと後になって思っているが、もはや手遅れのようだ。
アイコン
風俗嬢に俺は本気で恋をした。
風俗嬢に俺は本気で恋をした。
# 恋愛
ケンタウロス
閲覧数 5240 いいね数 5 コメント数 0
池袋の薄汚い雑居ビルが立ち並ぶ中、今日も俺は財布と相談をしながらスマホでデリヘルサイトをスクロールしていた。 財布の中には15,000円。ここでデリヘルにお金を使えば月末までの10日間を3000円で過ごすことになる。 しかし、男は欲望に負けた。 「はい!いらっしゃーい!予約はされてますか?」 「いえ…」 「今だったらどの子でもいけますよー!どうしますか?」 「ミ…ミサキちゃんで…」
アイコン
爆弾低血圧JK
爆弾低血圧JK
# ファンタジー
うみべ
閲覧数 5241 いいね数 7 コメント数 0
目覚まし時計が鳴り響いて、私の頭を音で殴る。 「う……うぐ、ぐ……」 寝起きが悪い私にこれは拷問だ。 私は呻きながら手を伸ばし、布団の中から時計をバシッと叩く。 瞬間、時計がボン、と爆発した。 ……またやってしまった。 低血圧の時の私は触れたものを爆破してしまう。 だからスマホのある今でも、安っちい目覚まし時計なんか使っている。 「買い直さなきゃ……」 とりあえず私は二度寝をキメた。ぐう。
アイコン
記憶を消してまた君に会いに行く
記憶を消してまた君に会いに行く
# 恋愛
山形 さい
閲覧数 7.4万 いいね数 573 コメント数 0
「裕太! 今日のデート楽しかったね!」 「そうだな。桃香!」 俺と桃香は、恋人同士だ。 「じゃーな!」 「ばいばい!」 俺は、別れを告げて帰ることにした。  桃香と別れてしばらくしたところで前から来ている車に気づかず。俺は、引かれてしまった。 「う、ううぅん......」と、目を覚ますと病院に居た。    何で俺は、病院に居るのだろうか......。全く思い出せない。
アイコン
佐藤くんは頭が良い
佐藤くんは頭が良い
# 恋愛
佐々木タロウ
閲覧数 6434 いいね数 2 コメント数 0
俺の名前は、佐藤学 俺は………頭が良い。 学年では常に首席、テストでは2位のやつと100点差をつけるほどだ。 そう、そんな俺だから分かることがある。 俺のクラスの綾瀬は、俺のことが好きだ。