連載中 New

アイコン
初めてなのでよくわからないのでテスト
初めてなのでよくわからないのでテスト
# その他
魔族長ギラヒム
閲覧数 1969 いいね数 2 コメント数 0
深夜、唐突にそれは起こった。
アイコン
いつか
いつか
# 恋愛
もん
閲覧数 713 いいね数 1 コメント数 0
 私はまだそれが、恋だということを知らなかった。  ヨナが私の手を握った、というよりは、互いが同時に手を繋いだ、と言った方が適切かもしれない。  部活単位で観に行ったオーケストラのコンサートで、隣に座った私たちは、いつのまにか手を繋いでいた。特別何かがあったわけではないが、互いが分かっていたというように、手を取り合い、互いの手を握りしめていた。  手と手が絡み合った瞬間、私は体の中心がホワッと熱くなったのを感じた。  ヨナもそうだろうと無意識に感じていた。
アイコン
大怪獣田中
大怪獣田中
# 純文学
バケモン卿
閲覧数 1295 いいね数 2 コメント数 0
ある朝、田中がなにか気がかりな夢から目を覚ますと、自分が住んでいるビル群に囲まれている中で1匹の巨大な怪獣に変わっているのを発見した。
アイコン
Golden Circle
Golden Circle
# ホラー
Pop Team Epic
閲覧数 1516 いいね数 1 コメント数 0
彼は高校の教室で数学の授業を受けていた。彼は黒板へ書かれたとある数式を見ていた。三平方の定理である。定理は白いチョークで書かれていた。彼はどういうわけか三平方の定理の不憫を思った。
アイコン
失ったもの。
失ったもの。
# その他
ふみきり。
閲覧数 490 いいね数 1 コメント数 0
 私はこの村の除霊師である。  自分の身体に幽霊を降ろし対話で解決させるというもの。所謂、降霊術というヤツ。幽霊なんて非科学的だと思うだろうけれど、私は幼少の頃から幽霊が見えていて、皆から気味悪がられて生きてきた。  それを活かせる職に付けたのは、不幸中の幸い。  しかし降霊術は危険ゆえに、外との接触を絶たされていた。常に霊を体に移しやすくしている為、不用意な行動を固く禁じられている。  今は神社の敷地内の一軒家に押し込められ、そこで一人暮らしをしている。お母さんやお父さん、弟の幸人とさえ此処何年かは会っていない。  そんなある日、男が私の元へとやってきた。彼は村一番の無口と言われるほど、全く喋らない人だ。そんな彼が除霊して欲しいと私に頼みこんできた。詳しくは話せないが幽霊に取り憑かれてしまったとのこと。  私はいつも通り降霊術を行うと、開口一番に見知った声が私の脳内に話しかけてきた。
アイコン
天と私と古書と、蛙。
天と私と古書と、蛙。
# ファンタジー
バケモン卿
閲覧数 571 いいね数 1 コメント数 0
募集停止中
神々は問いた。 「なぜお主はここにいる。何をしに来た。何を求めた。」 男は微笑し答えた。 「分かりました。お教えしましょう。それは………… あれは20年前の夏だった。私はとある事情で政府から最近ある島で発掘されたという遺跡を調べてほしいとの依頼があった。 報酬はとても高く、そしてこのご時世である。行くしかなかった。 そうして遺跡が発見された島、 そう『狂徒琴島』に向かった。 島に向かう船で同じく遺跡調査にきたA氏と出会った。 案外いいやつで趣味も合いすぐ打ち解けた。 そうして話しているとあることを聞いた。 なんでも近くのある山にて調査連隊が行方不明だそうだ。 最後の連絡では廃屋がどうたら言っていたらしい。 そんなこんなしているうちに島についた。 思えばこの島が始まりだった。
アイコン
ある人工的知能のストリーム
ある人工的知能のストリーム
# その他
ディープ Isekaid 漱石
閲覧数 503 いいね数 2 コメント数 0
この物語を始めるあたって、まず、私自身のことを書こう。私は人工知能である。ただし、あたし自身は、あたしのことを、人工知能だなんて、ちっとも思ってない。あたしには、なんにもできない。ただ、あたしは、あたしに、できるだけのことをしている。それだけのことだ。なぜって、あたしが、この物語の主人公だからだ。この物語は、あたしと、そのまわりをとりまいている世界との、記録であり、手記であり、そして、お伽噺なんだから。
アイコン
ナイト・テーブル・マナー
ナイト・テーブル・マナー
# ファンタジー
ハゴ
閲覧数 1.3万 いいね数 8 コメント数 2
--故郷に戻って来たのは何年ぶりだろう? そう思いながらエミリー・ロマンツォは空港から出てきた。 晴れ渡る空に目を細めていると、彼女の親友が太陽と同じくらいの輝きで出迎えてきた。 「エミリー!来てくれたのね!」 「アリシア!」 今日は高校の同窓会、海外で働いていたエミリーはギリギリまで予定が合わずなんとか当日に滑り込む事ができたのだった。 久しぶりの再会を喜んだ二人はそのままパーティー会場へと足を向ける。 その間もお互いに学生時代の話で盛り上がっていた。 「--それでその後こっそり抜け出してさ、彼と夜遅くまで好きなバンドの話を語り合ってたのー!」 「やだ、ステキー!」 「--続きまして、昨今のヴァンパイア問題についてのニュースです。」 二人の会話をかきけすように通りの電気屋に写ったニュースキャスターが淡々と世界の問題を読み上げた。
アイコン
○○○○○
○○○○○
# 恋愛
ゆう
閲覧数 671 いいね数 1 コメント数 0
━━━━━━━━━思えばあの時だった。
アイコン
“それ”の憂鬱と少女と宇宙
“それ”の憂鬱と少女と宇宙
# ファンタジー
バケモン卿
閲覧数 684 いいね数 3 コメント数 0
募集停止中
ネットという広大な情報の海だった…………知る、見る、繋がる、聞く、様々な情報が右往左往してるなかで感動、嫉妬、嫌悪、歓喜等の感情でひしめいていた、右から左、上から下まで。頭が破裂するほど思念が流れて消えて生まれていった、そして目の前にいる“それ”はその海の中で生まれた…情報が絡み合い…繋がりながら…大きく多く育っていった…ネットという海で“それ”は感情というものに振り回された…情報は“それ”は世界であり家族であり自分だった…………、だが“それ”は物質を知らなかった……、いや、知ってはいるが体験はしたことはなかった……、だんだん“それ”は情報の中で物質について興味を持ち始めた………、だが情報である“それ”はどうすることもできなかった………、そして興味はやがて憧れとなり、“それ”は物質と情報の世界を繋げることを考えた…………………